クレジットカードの申請方法や条件にについて

クレジットカードを発行してもらうためには、カード会社が行う審査に通過する必要があります。審査内容はどのクレジットカードでもほとんど同じですが、カードのグレードによっては審査内容が厳しいものもあります。このページでは、クレジットカードの申請方法や条件などについてまとめています。

クレジットカードを発行してもらうためには、どこから申し込めばよいか

クレジットカードの申込は、インターネットからやスーパーマーケットなどの商業施設に設けられた専用ブース、電話、郵送により受け付けていますが、カード会社によってはインターネットのみしか受け付けていないクレジットカードもあります。これら申込方法の中でも、インターネット経由の申込はキャンペーンを実施していることが多く、かつ必要情報をスピーディーに遅れるためおすすめの申込手段です。

クレジットカードの審査について

クレジットカードを発行してもらうためにはカードの発行会社が定める審査に通る必要があり、高校生を除いた18歳以上、かつ安定した収入があることが基本的な条件となっています。

まず年齢についてですが、18歳以上であっても高校生の申込はできず、専門学生、短大生、大学生であれば申込を可能としているカード会社もあります。アルバイトによる収入で申告可能としているクレジットカードもありますが、カードによっては親権者の同意が必要になります。また、専業主婦の方の場合、申込は可能としているクレジットカードであっても自身の収入がないため、審査の対象は配偶者のものが求められます。

収入については、原則、安定した収入があることが条件であり、その収入を源泉徴収票や給料明細などによって証明する必要があります。但し一部のクレジットカードでは収入がない専業主婦の方や、高校生を除く18歳以上の学生でも申込ができるものもあり、この場合には配偶者や親権者の収入証明が求められます。また、年金受給者の場合、年金が収入と見なされるため申込を可能としているクレジットカードもあります。

また、クレジットカードの審査は、返済能力があるかが最大の焦点のため、信用情報が確認されます。信用情報では、ローンや他社クレジットカードなどの他社ローンの支払い遅延などの金融事故が全て記録されており、事故記録があるほど審査は通りにくくなります。また、この事故記録に記録された内容は、例え返済が済んだとしても5年以上は記録が残るため、クレジットカードを発行してもらったとしても、カード会社への支払いの遅延は起こさないようにしましょう。

返済能力によって差が出る審査結果

万が一他に債務を抱えている場合、クレジットカードの発行は困難となるでしょう。また、様々な働き方がありますが、所得によって契約できるクレジットカードのグレードや利用可能な限度額が変わってきます。

カード会社の審査に通った後

クレジットカードを申請後、審査に通るとカード会社から郵送にてクレジットカードが送られてきます。その際、カード会社が設定した限度額も通知されます。

他の記事を読む