クレジットカード番号の仕組み。14から16桁の番号の意味について

クレジットカードやデビットカードの表面に印字されている各種番号にはそれぞれ意味があります。このページではクレジットカードの予備知識として、14から16桁のクレジットカード番号についての説明をまとめています。

クレジットカード番号の桁数の意味

クレジットカードに印字されているクレジットカード番号は、カードによっては14から16桁のものが割り振られています。この番号はランダムに割り振られているわけではなく、決められた桁数ごとに意味を持っています。

クレジットカード番号の桁数

ほとんどのクレジットカード番号は16桁ですが、ダイナースクラブのカードは14桁、アメリカン・エキスプレス(アメックス)は15桁のカード番号で発行されています。また、クレジットカード番号は各桁ごとで区切られています。

発行会社 区切り
ダイナースクラブ(14桁) 4・6・4
アメックス(15桁) 4・6・5

1桁目から6桁目の番号

1桁目から6桁目の番号は「発行者識別番号」と呼ばれ、クレジットカードの発行会社ごと決まった番号が割り振られています。また、そのうちの1桁目の番号は「主要産業識別子」と呼ばれており、発行会社がどの産業に属しているのかを表しています。

1桁目の番号 産業
1、2 航空関連
3 旅行、エンターテインメント、金融関連
4、5 金融関連
6 運輸、金融関連
7 石油関連
8 医療、通信業界
9 国ごとで定義

7桁目から最後から2桁目

7桁目から最後から2桁目の番号は「会員口座番号」と呼ばれ、各利用者ごとに異なる番号が割り振られています。発行会社が同じであれば異なる番号が割り振られますが、発行会社が異なった場合には同じ番号が割り振られる場合もあります。

最後の桁

一番最後の桁の番号は「チェックディジット」と呼ばれ、カード番号が適切なものか判断するために割り振られています。特殊なアルゴリズムによって、最後の桁以外の番号より算出されるものであり、算出された番号と最後の番号が不一致であれば不適切な番号と見なされる仕組みであり、入力ミスなどを判断するための番号として利用されています。

上記の内容を知っている、知らないで、クレジットカードの利用や恩恵に差が出ることは全くありません。ちょっとした豆知識として知っておくと良いでしょう。

他の記事を読む