学生でもクレジットカードが持てる!申請条件と注意点とは?

クレジットカードを申請する際には安定した収入があることが条件ですが、そうでない学生の方でもクレジットカードを発行してもらうことができます。社会人の方と審査基準が異なりますが、各カード会社は学生用のクレジットカードをラインナップしています。

学生向けクレジットカードの特徴

学生向けとラインナップされたクレジットカードは、年会費が無料であるものが多くあり、通常の社会人向けのクレジットカードと同様に、ポイントなどの付帯サービスも付与されています。

学生向けクレジットカードの申請について

安定した収入がある方が申請する際には、自身の収入証明などを提出しますが、一部のカード会社での審査の場合、学生の場合は安定した収入がないため、親権者が審査の対象となります。この場合、親権者の収入証明や信用情報などが査定対象となります。審査基準は各カード会社が異なりますので、詳細は各カード会社にて確認しましょう。

学生がクレジットカードを利用する上で注意すべきこと

社会人や学生に関わらず言えることですが、クレジットカードはあくまで現金に代わる支払手段である、という認識は常に持つべきです。学生は仕送りやアルバイトなどが収入のメインとなるでしょうが、定期収入がない状況で、自由に使いすぎるとカード会社への支払いに支障をきたす可能性があります。そのため、利用する金額は設定したクレジットカードの限度額に応じてではなく、自分の毎月の収入に合わせて利用することを強くおすすめします。

節約思考であれば手数料がかかる利用は避ける

クレジットカードには、分割払いやリボ払い、キャッシング機能など、その時点での資金難を助ける支払い機能が用意されています。欲しいものが手に入りやすく、購入しがちになってしまうこともしばしば。計画的に利用すれば助けになりますが、これらの利用方法には、商品代金以外に手数料が発生してしまい、最終的にはより多くの出費が支払うことになってしまいます。

カード会社への支払いは計画的に

カード会社への支払いが遅れると遅延損害金が発生し、クレジットカードが利用停止となってしまいます。さらに信用情報にその旨が記録されてしまいます。信用情報に事故記録が残った場合、その支払いが完了したとしてもその記録は数年間残ってしまい、その間、ローンや別のクレジットカードの審査など通りにくくなってしまいます。卒業後、会社員になって自動車が必要になることもあるでしょう。その際一括で購入するしか手段がなくなってしまうなど、金銭的な弊害が出てしまいます。

クレジットカードのトラブルを防ぐために、毎月届く明細書には目を通し、計画的な利用を心掛けましょう。

他の記事を読む