クレジットカードでの支払いで返品・キャンセルする場合

クレジットカードで支払った商品やサービスに対し、何らかの理由で返品・キャンセルすることがあります。現金で支払った場合には、その場で返金してもらえますが、クレジットカードの場合は異なります。ここでは、クレジットカードでの支払いをキャンセルする場合について、まとめています。

クレジットカードでの支払いで返品・キャンセルをする方法

クレジットカードを利用した買い物での返品・キャンセルの申し出は、購入元である店舗に対してに行います。カード利用者との売買契約を結んでいるのでは各店舗ですので、カード会社へ連絡しても対応はしてもらえません。その後、返品・キャンセルを受け付けた店舗からカード会社へ返金の旨を伝え、返金処理が行われます。

また、加盟店がキャンセルや返品を受け付けたとしても、その代金はその場で現金で返ってきません。クレジットカードで行った支払いは返金もクレジットカードに対して行われます。

返品・キャンセルしたタイミングで変わるクレジットカードへの返金方法

クレジットカードで支払った場合の返品・キャンセル時の返金は、購入した日やキャンセルした日、締め日によって変わります。

購入やキャンセルの処理が全て同じ締め日内で行われた場合には、クレジットカードの利用そのものがなくなります。そのため、購入した請求が発生せず、返金もありません。

購入とキャンセルが締め日をまたいで行われた場合には、購入したという記録で請求が発生します。その後の締め日で、返品・キャンセルの処理が行われ、その月の利用残高から返金額が相殺されます。

付与されたポイントの行方

ポイントについては、購入の請求が発生した時点でいったんは付与されますが、キャンセル処理がされればポイントもマイナス処理されます。

返金してもらえないケースについて

現金・クレジットカードに関わらず、ホテルや交通機関などのサービスやお店によっては返品やキャンセルを受け付けない、タイミングによちっては全額返金の対応をしてくれない場合もあります。この場合、クレジットカードだからといって対応してもらえるわけではありません。

返品・キャンセルの申し出は現金での購入と同じように、対応してもらえる場合としてもらえない場合があるので、クレジットカードだから何でも返品・キャンセルできるという考えは持たないようにしましょう。

他の記事を読む