追加カードとは何?仕組みについて解説

追加カードとは、 本カードのクレジットカードとは別の機能に特化したカードです。提供元であるカード会社によっても異なりますが、家族カードやオンラインサービスの決済に特化したカード、ETCカード、鉄道サービスに特化したカードなど、様々な支払い状況に特化した追加カードを提供しています。ここでは、個人用として提供しているクレジットカードの追加カードについてまとめています。

追加カード申請方法

今日では、インターネットのおかげで、追加のカードを申請する手段がはるかに簡単になりました。申請対象者の年齢など一定の条件が満たされれば、本会員の信用で発行されます。本カードの契約者がインターネットアカウントを所有しているのであれば、改めて個人情報を掲示しなくても追加カードを申請できます。また、他にはカスタマーサポートに電話することで追加カードを申請することができます。

追加カードの種類

追加カードの種類については、カード会社によって異なります。一例を挙げると、高速道路の料金支払いに特化した「ETCカード」、本会員と同等のサービスを受けることができる「家族カード」、インターネットショップの料金支払いに特化した「バーチャルカード」、電子マネーとして利用できる「Apple Pay」・「Pitapa」・「WAON」などが用意されています。

追加カードでもポイントやマイルが加算

追加カードで支払った場合でも、本カードと同様に、利用した分だけポイントやマイルを貯めることができます。追加カードは一部の支払いをよりスピーディーにより簡単にできることを目的としていることが多く、追加カードは機能重視のものとして認識したほうがよいでしょう。

追加カードの年会費

追加カードの年会費は、カード会社や追加カードの種類によって様々です。無料の追加カードは多々ありますが、年会費が有料であったとしても、本カードよりも低い年会費が設定されている場合がほとんどです。

追加カードでの利用分の請求について

追加カードの利用分は、本会員に対してまとめて請求が発生します。また、明細についても追加カードごとの発行ではなく、本カードの契約者宛に発行されるのが一般的です。このため、請求や明細が分散することなく、管理しやすくなっています。

追加カードの制限

追加カードの利用限度額は、各カード会社が定める本カードの範囲内であり、その範囲を超える額の利用はできません。また、請求や明細が本会員に対して発生するため、別に管理したい場合には、別途、本カードを契約したほうが利用者にとっては都合が良い場合もあります。

他の記事を読む