クレジットカードとデビットカードの機能の違い

クレジットカードとデビットカードはカード1枚で買い物ができる便利な支払い手段ですが、それぞれ機能が異なります。自分に合った支払いツールを選択するための参考になるよう、このページではデビットカードとクレジットカードの違いについて説明しています。

クレジットカードとデビットカードの支払いの仕組みの違い

クレジットカードは、一部の法人や団体、クレジットカード会社から発行されるものでです。カードで支払った金額は、カード会社が一時的に立て替えており、カード会社が定める決済日に請求された利用残高を支払います。

一方、デビットカードは、銀行が発行するカードです。発行には預金口座が必要であり、預金口座とカードが紐づけされます。デビットーカードでの支払いは、預金口座から即時支払いが行われるため、クレジットカードのようにまとめての請求が発生しません。

クレジットカードとデビットカードは支払い時の利用方法は同じですが、このように支払いの仕組みが異なるため、利用できる機能が異なります。

クレジットカードとデビットカードのそれぞれ利用できる機能について

まずクレジットカードの場合、カード会社が一時的に立て替えているため、自分の資金に関わらず、限度額の範囲で利用ができます。支払い時には分割払いが利用でき、カードによっては現金を借りることができるキャッシング機能も利用できます。

一方、デビットカードの場合、口座内の預金の範囲のみ利用でき、支払いは全て一括払いとなります。また、キャッシング機能はありません。さらに、一部の加盟店っでは、デビットカードでの支払いを受け付けていないお店もあり、特に定期払いでの利用は受け付けていない場合が多くあります。

クレジットカードとデビットカードを利用することのメリットについて

カード払いでの最大のメリットはポイントシステムによる還元ですが、デビットカードにもポイントシステムやキャッシュバックが還元されるなどのサービスを導入しているものがあります。還元率はクレジットカードよりも劣りますが、現金払いでは決して得られない特典であるため、クレジットカード、デビットカード共にお得な支払い手段と言えます。また、一部のデビットカードにもカード払いで購入した商品に対しての補償や、カードの不正利用に対しての保証なども付与されているため安心して利用できます。

利息の発生について

クレジットカードの場合、分割払いで支払った場合、キャッシングを利用した場合に利息が発生します。利息はクレジットカードの便利な機能を利用した場合に発生しますが、カード会社が定めた決済日に請求額の支払いができないと遅延損害金という利息も発生します。

デビットカードは即時に預金口座から支払いされ、支払方法も一括払いしかないため、利息が発生する機会がありません。

まとめ

このように、クレジットカードとデビットカードは仕組みが異なるため、受けられる恩恵や利用方法に差があります。これらを把握して自分に合った支払い方法を選択してみてはいかがでしょうか。

他の記事を読む