クレジットカードのセキュリティコードについて

一部のカードを除き、クレジットカードの裏面、署名欄付近にある3桁、もしくは4桁の番号を「セキュリティコード」といいます。セキュリティコードは、カード所有者のみしか知りえない番号であるとして、クレジットカード番号と入力することで、不正利用を軽減させる目的があります。

セキュリティコードの表記

セキュリティコードは、クレジットカードの発行会社によって、桁数、印字場所が異なります。MasterCardやVISA、JCBはカード裏面の署名欄、もしくは署名欄の横に3桁で印字されています。アメリカン・アメリカン・エキスプレスは表面に4桁で記載されています。また、VISAのセキュリティコードはCVV・もしくはCV2(Card Verification Value)と呼ばれ、MasterCardではCVC(Card Validation Code)、アメリカン・エキスプレスではCID(Card Identification Number)と呼ばれています。

セキュリティの効果とは

セキュリティコードを用いることで不正利用を軽減させるとは、「架空のカードでの取引の防止」を指しています。実店舗における対面での決済ではセキュリティコードは必要としておらず、インターネットや電話など取引相手の姿が見えない状況下において、カード所有者がカード番号などを入力を必要とする場面で効果を発揮し、カード会社が存在しない架空のクレジットカードで請求されてしまうリスクを軽減しています。

決済時、クレジットカードの正当な契約者という確認ではなく、あくまで手元にクレジットカードを所持しているか、という確認であるため、クレジットカードをなくしてしまった、盗まれてしまったなどという場面では当然ですが効果は発揮しません。

一部の国の店舗では対面での取引でもセキュリティコードを必要としている場合や、オンライン上での取引では必須項目となっているようですが、日本では、対面での取引では求められず、オンライン上でも不要としているWEBサイトも存在しています。

他の記事を読む