クレジットカードのトラブル・不正利用を防ぐ方法

支払がお手軽で、お得な特典も利用するだけで付いてくるクレジットカード。良いとこ取りのようにも思われますが、クレジットカードならではのトラブルもあります。ここではクレジットカードで起こりえるトラブルや不正利用についてまとめています。

クレジットカードに関するトラブルの一例

クレジットカード犯罪は年々巧妙化し、カード会社もそれに対抗するよう様々な対策を取っています。ここでは一度は聞いたことのあるクレジットカードのトラブルについて一例を紹介します。

・「スキミング」の手口
スキマーと呼ばれる磁器に記録されているカード情報を読み取る機能を持った装置で、ターゲットのカード情報を盗み取ります。盗み取った情報を利用しカードを複製するという手口です。スキマーは本来カード情報を読み取るPOSデバイスなどに不正に組み込まれて利用するものですが、現在さらに精密化し、カードを機器に通さずとも近づけただけで情報を読み取ることもできるものもあるそうです。

・「なりすまし」の手口
何らかの理由で手に入れたクレジットカードを、本人になりすまして利用する手口です。顔写真入りのカード以外では本人と判断する要素がないため、カードに別途設定した暗証番号を必要としない取引の場合には利用できてしまいます。

・「フィッシング詐欺」の手口
カード会社を装ったり、キャンペーンに当選した、などというメールをターゲットに送り、偽のWEBサイトへ誘導、偽の管理ページへログインさせ、IDやパスワードを奪取し、個人情報を抜き取る手口です。Javascriptにより偽サイトへアクセスさせた時点でID・パスワードのアカウント情報のCookie情報を盗み取られる危険性もあります。

・「ウイルス感染」による手口
身に覚えのない送信者から添付ファイルが送られ、開封することで利用中の端末がウイルスに感染し、クレジットカードのアカウント情報が盗まれてしまうという手口です。

・「ネットショップ詐欺」の手口
ショッピングカートなどを実装させた、実態のないネットショップへ誘導し、買い物をさせ、料金だけ奪い取り商品を送らないという手口です。

クレジットカード犯罪への対策について

クレジットカードが悪用されたという事態は、カードの利用履歴を確認することで、始めて気が付くものです。こうしたトラブルに巻き込まれていないか、被害を最小限に食い止める方法は、細目に利用状況を確認するという点に尽きます。また、被害に気が付いた場合には、早急にカード会社へ連絡し、カードの利用を停止し、カード被害に対する必要な手続きの申し出をしましょう。

なお、「なりすまし」や「フィッシング詐欺」は自身で十分に対策が取れます。知り合いや例え家族であってもカードを渡さない(この事例については過去多々トラブルがあり、原則本人以外の利用は禁止されています。)、当選したなどという応募もしていないキャンペーンメールを開かない、怪しいWEBサイトでの利用は避けるなど、日頃からできることが十分にあります。

万が一、紛失や盗難、不正利用されてしまったら、どうすればよいのか。

まず、クレジットカードが紛失や盗難にあった場合、すぐにカード会社へ連絡しましょう。無くしたカードを利用停止にしてもらうことで被害の拡大を防ぎ、新しいカードの発行手続きをしてくれることでしょう。

また、利用明細により身に覚えのない取引を確認した場合も、直ぐにカード会社へ連絡しましょう。この場合、カード契約者に落ち度がない場合が確認できれば、その利用については補償してもらえます。詳しい手続きについては、カード会社によって異なるため、トラブルが発生した場合には、契約しているカード会社(クレジットカード裏面の連絡先)へ相談し、必要な手続きを行いましょう。

他の記事を読む