クレジットカードで利用できる金額「限度額」とは

限度額ってなに?

限度額とは、クレジットカードで利用可能な金額の上限のことで、「利用可能枠」などカード会社によって呼び方も異なることもあります。限度額は、ショッピングやキャッシングなど各支払い方法によって上限が設定されており、この上限を超えての利用はできません。

※限度額の一例
・クレジットカードの総限度額100万円
・ショッピング枠の総限度額80万円
一括払いの限度額80万円、分割払いの限度額50万円
・キャッシング枠の総限度額20万円

上記はあくまで一例ですが、ショッピング枠であっても一括で利用できる限度額と、分割払いやリボ払いで利用できる限度額が異なる場合があります。各支払い方法によって設けられた限度額は、各カード会社によって異なります。

分割払いやリボ払い未払い分は、利用できる金額に影響が出る

分割払いやリボ払いは一度に支払う金額を抑えることができ、高額な商品も購入しやすい便利な機能ですが、持ち越された未払い分だけ、利用できる金額が減ります。例えば、50万円の限度額が設定されたクレジットカードで、20万円分の商品を分割払いで購入し、その内5万円を支払った場合、次月に利用可能な金額は35万円となります。

限度額はどうやって決まるのか

限度額は、クレジットカードの申請時に、収入や雇用状況、信用情報などから決定付けられるといわれています。また、申請の際には、希望の限度額を伝えることもできますが、審査結果よっては希望額よりもかなり低い限度額で発行されることもあります。まとまった限度額での利用を検討している人にとっては不便と感じるでしょうが、ある程度利用し続けることで、限度額の増加を求めることができます。

限度額の引き上げ方法

特に申し込みをしなくても、カード会社より限度額の引き上げがされることがあります。この際にはカード会社より通知があり、別途必要な手続きは必要ありません。
しかし、自分の都合により引き上げを希望する場合には、別途審査が発生し、今までの利用実績などがが大きく影響します。万が一支払いに遅れているならば、それはおそらく引き上げを求める良い時期ではありません。限度額の引き上げを将来的に必要としているのであれば、毎月の請求に対し良い実績を積み重ねることを心掛けましょう。

他の記事を読む