海外利用時に発生するクレジットカードの手数料について

海外で買い物をする際、現金の場合には事前に日本円から現地の通貨に両替する必要がありますが、クレジットカードなら国際ブランドが一致していればそのまま利用ができます。(クレジットカードによってはカード会社へ事前の申告が必要な場合もあります。)両替の手間がかからず、便利なクレジットカードですが、国内での利用時とは別に、海外利用時には別途手数料が発生します。このページでは、海外利用時におけるクレジットカードの手数料について説明しています。

日本で発行されたクレジットカードを海外で利用した場合に発生する手数料

日本で発行したクレジットカードを海外で利用するにあたり、日本国内での利用とは異なりいくつかの手数料が発生します。1つはカード会社へ支払う手数料(国際取引手数料)です。2つ目は日本円以外での通貨で取引された場合に発生する手数料(通貨換算手数料)です。国際取引手数料については、事務手数料のようなものであり、費用は国際ブランドやカード会社によって異なります。また、通貨換算手数料は為替レートに基づき国際ブランドが定めたレートが設定されています。

海外利用時の請求額について

海外利用時の請求額について、為替レートが影響しますが、このレートは日々変動します。注意してほしいのは、買い物をする当日に為替レートを確認したとしても、その日のレートで請求されるわけではない、ということです。
海外の加盟店でクレジットカードを利用した後、カード会社へデータが届くまで数日かかると言われています。換算される為替レートは、カード会社へデータが届き処理された日のものが適応されるため、当日のレートとは若干の差が出てしまいます。

海外での利用でおすすめのクレジットカード

これら手数料はカード会社や提携している国際ブランドによって異なるため、海外での利用を検討している場合には、これら手数料が低いクレジットカードがおすすめといえます。

他の記事を読む