デビットカードの基礎知識

デビットカードは、預金口座に関連付けられたカードです。Visaやマスターのロゴの付いたこれらのカードは、預金口座に入金された金額の範囲内でショッピングに使用できます。また、一部のデビットカードは預金口座からATMを利用して現金を引き出すことができます。クレジットカードの場合は一時的にカード会社に費用を立て替えてもらいますが、デビットカードにはこのような問題はありません。カードは銀行口座にリンクされているため、預金の範囲内でのみ利用可能です。

デビットカードで何ができますか?

デビットカードの最も重要な機能は、預金額と同額を使うことができることです。このため、出費を誇張することなく買い物をすることができます。また、クレジットカードのように分割払いでの支払いやキャッシングは利用することはできません。このためデビットカードは、頻繁に買い物をし過ぎてしまう傾向がある人にとってより賢明な選択肢かもしれません。デビットカードを使用すると、自分のお金を使うことができますが、現金を運ぶ手間もなくなります。 これにより、現金を落とすリスクがなくなります。カードを紛失した場合でも、すぐに利用停止して新しいカードを取得できます。

デビットカードの入手方法

デビットカードは非常に簡単に入手できます。書面による申し込みで、ご希望の発行会社のデビットカードを利用できます。

デビットカードまたはクレジットカードどちらが良いですか?

どちらのカードにも長所と短所があります。デビットカードを使用すると、預金口座にある預金を使用できます。クレジットカードは当座預金口座にあるお金を使用するのではなく、カード会社が提供する短期の無料ローンを使用します。カード会社が定めた限度額の範囲であれば、そこから現金を引き出したり、支払いに使用したり、何でも購入できます。返済能力を超えてしまう可能性があるという問題がありますが、クレジットカードには分割払いという利点もあり、分割払いで高価な製品を購入できます。

他の記事を読む