信用情報を傷つけないクレジットカードの使い方

信用情報は、クレジットカードやローンなどの取引での支払状況などをまとめた情報ですが、クレジットカードの審査で大きく関わってくる要素です。クレジットカード発行後には、利用方法を間違えると信用情報に影響が出てしまいます。このページでは、クレジットカードの利用で大きくかかわってくる信用情報に関してまとめています。

信用情報とは何?

まず「信用取引」について説明します。信用取引とは、約束した期日までにお金を支払うという取引のことを指し、一時的に立て替えてもらっている状況になります。「信用情報」は、クレジットカードやローンなど信用取引においての返済・支払状況などをまとめた情報です。信用情報において、何らかのトラブルの記録を「事故記録」などと呼ばれていますが、クレジットカードを申込の際には、各カード会社は信用情報を確認し、事故記録がないか申請者について調べます。ちなみに携帯電話本体の分割払いも信用情報が確認され、事故記録があると分割払い厳しいと言われています。

クレジットカード発行後、気を付けるべきこと

上記にもありますが、信用とはあくまで契約という名の約束事です。クレジットカードを利用するにあたり守るべきことは、カード会社への支払いを期日通りに守ることです。万が一遅延を起こしてしまった場合、信用情報に記録される明確な期間は定かではありませんが、数日で記録されるという場合もあるようです。

信用情報に事故記録が残ることで起きる影響

信用情報に事故記録が残ると、他のクレジットカードや他のローンなど、信用取引で成り立っている契約は一切審査が通らなくなると思ってよいでしょう。また、一度事故記録が発生した信用情報は、その事故の返済が終わった完済の記録であっても、5年以上経過しないと消えないと言われています。もちろんその間は他のクレジットカードやローン、携帯電話の分割払いなどの契約はかなり厳しくなると言われています。

クレジットカードを正しく使うために

信用情報に関して言えば、クレジットカードを利用する上で重要なのは、カード会社が定める支払期日を守ることです。それには自分の収入を超える利用を避けることが大切です。クレジットカードは分割払いやリボ払い、キャッシングなど便利な機能がありますが、利用の際には無理なく支払い続けることができるかよく検討しましょう。

他の記事を読む