クレジットカードのポイントシステムについて

クレジットカードにはポイントやマイルなど、利用金額に応じたポイントシステムを導入しています。ほとんどのクレジットカードがこれらの特典を導入しており、クレジットカードを利用する最大のメリットとなっています。

カード会社やクレジットカードによってポイント還元率が異なる

全てのクレジットカードのポイントが同じ還元率というわけではなく、カード会社やカードのグレードによって異なります。単純に高還元率のクレジットカードならポイントが貯まりやすいと思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。より効率よくポイントを貯めるためには、その分、クレジットカードでの支払いをしなくてはなりません。

ポイントを効率よく貯めるために自身の支出習慣を把握する

クレジットカードが発行されたら、どういう使い方をする予定でしょうか?普段はあまり利用せずたまに使うようでしたら、ポイントが高還元率のクレジットカードが貯めやすいのですが、もし、日常的に利用する予定でしたら、自分の支出習慣に合わせてクレジットカードを選択すると、より多くのポイントを貯めることができます。お店によっては提携カードを発行していて、そのお店での利用では、ポイントが数倍などの特典などが用意されている場合があります。また、毎月特定の日はポイント数倍というイベントも実施していることもあります。また、クレジットカードによっては年間を通しての利用が高いほど、ポイント還元率が高くなるという特典も用意されています。

ポイントを貯めたままにしておくと、無くなってしまう場合も

一部のクレジットカードでは、ポイントを永久的に貯めることができますが、ほとんどのクレジットカードには取得してから1年とか、2年などの有効期限が設けられており、有効期限が切れてしまうと、せっかく獲得したポイントが失効してしまいます。貯めたポイントは明細などから確認ができ、割引やキャッシュバック、賞品、他のポイントなどへ交換できるため、失効する前に、いずれかの方法で利用すれば無駄になることはありません。

他の記事を読む