クレジットカードの利用は計画的に

正しく計画的に利用することで多様なメリットを受けられるクレジットカードですが、自身にとって不釣り合いな買い物をしてしまうなど無計画に利用することで、大きな損失をもたらします。

クレジットカードがもたらす損失とは

クレジットカードはその手軽さや現金いらずで後払いであることから、つい利用し過ぎてしまう方もいるようです。自身の支払い能力を上回る利用をした場合、カード会社と約束した期限に支払うことができず、滞納を起こします。原則、カード会社は契約者に支払日を守ることを契約しており、これを守らなかった場合、理由問わず、遅延損害金が発生します。この遅延損害金は他のローンなどの年率に比べ非常に高いものであり、滞納金が完済するまで損害金も計上され請求が発生します。

また、延滞による影響はお金以外にも及ぼします。延滞は信用情報にその旨が記録されます。例え完済したとしてもその内容は残り、他のクレジットカードの審査や住宅、自動車などののローンの審査に差し支えが出る可能性もあります。信用情報に記録されるタイミングは公にされておらず、例え数日の延滞であっても記録されることもあるようですので、注意が必要です。

クレジットカードを持つ理由の多くが付帯サービスによる恩恵です。延滞はこれらの恩恵すらプラスに感じられないくらい所有者のデメリットとなるため、計画的な利用を心掛けましょう。

延滞してしまう可能性がある場合の対応について

まず前提に、延滞そのものが契約違反であるため、延滞によるデメリットを回避する術はありません。但し、延滞してしまうことが事前に予測できた時点で、カード会社へその旨を伝えましょう。あくまでカード所有者は信用を基にカード会社に利用料金を立て替えてもらっているだけに過ぎませんので、状況を伝え、支払う意思を見せることが大切です。

クレジットカードが本当に必要か、再確認も必要です

クレジットカードは決済を手軽に完結させ、特典による恩恵も受けることができる大変便利なツールです。しかし、毎月の支払いが滞ってしまう人の場合、債務は、あなたの経済生活全体を狂わせる可能性があり、無計画であれば債務はより急速に増える可能性があります。クレジットカードの申請理由は人それぞれですが、本当に必要なものか再確認しましょう。

Q:なぜあなたはクレジットカードが欲しいのですか?
クレジットカードは支払いに便利な方法ですが、無料のお金ではないことを理解する必要があります。クレジットカードでの決済はカード会社に支払日まで立て替えてもらっているに過ぎないため、手の届かない物でも安易に購入してしまう習慣は、借金習慣をスタートさせる確実な方法となりえます。

Q:所持金額で買えないものを買うためにクレジットカードを使い始めますか?
あなたがクレジットカードを手に入れた後、所持金額で手に入れることができないものを買い始めるのを誘惑させます。カード1枚で決済が完了してしまうため、実際のお金のようには思えず、借金を増やしてしまう場合もあります。

他の記事を読む